03-5344-9883

ブログ

2020/10/22(木)

杉並区西荻窪 椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛でお悩みだった患者様の声

カテゴリー:患者様のお声

 

泣きながら電話した痛みがなくなりました!!

ちょうど一年前。私は激痛に耐えられず泣いてばかりの日々を過ごしていました。もともと腰痛持ちだった私は、その数ヶ月前に右足を骨折し、その影響からか腰痛の症状をも悪化させ、同じ病院(近所の整形外科)でお世話になっていました。

 

痛み止め(リリカ)による薬療法と牽引によるリハビリを数ヶ月間、医師の指示通りほぼ毎日通院していました。一時期は、痛みも緩和したように感じたこともありましたが、ある日突然激痛に襲われ、寝返りを打つことも起き上がることもトイレに行くことも出来なくなりました。

 

その後、医師の勧めでブロック注射を打つも効果は得られず、しまいには、突発性回転性めまい症を併発し、しびれと嘔吐が止まらず、救急搬送されました。正に弱り目に祟り目です。

 

「椎間板ヘルニアとそれによる坐骨神経痛」。

 

初めてそう診断されたのは、数年前のことでした。今回まで再発することなく何とか過ごしていたのですが、「前回とは違う…」と実感した私は、寝たきりの状態の布団の中で、他に何か方法はないかと、とにかく必死に探し続けました。

 

心も身体もポッキリと折れそうな極限状態でした。そして出会ったのが「がく接骨院」です。今思い返すととても恥ずかしい話ですが、泣きながら″助けてください″と電話をしたのです。

 

正直なところ、歩くのもやっとの状態での通院は、かなり大変なものでしたが、インターネット上の他患者さんの経験談や、何よりも先生ご自身がさまざまな痛みの経験者である、ということが″この先生ならこの痛みを理解してくれる″と素直に信じることが出来、一切の迷いなく飛び込むことが出来ました。

 

事前のお話の通り、一つ一つ丁寧なカウンセリングから始まり、まずはどうして行きたいかどうなりたいか、その為にはどうしたら良いか等、患者自身の気持ちを最優先に考えて下さりました。

 

当初の私は、最悪の状態でしたので、月4回(週一)の頻度で通院していました。毎回、その時々の身体の状態によって施術は変わりますが、中でも四足歩行(最初は半信半疑でしたが)を行ったことによる痛みの軽減にはとても驚きました。

 

回を重ねるごとに、明らかな身体の変化(少しずつですが)を実感できるようになり、その手応えが自信へとつながっていったように思います。ただ単に痛みを取り除くのではなく、痛みへの根本的なアプローチの大切さを先生は話して下さりました。

 

身体をトータル的見ることで痛みからの解放だけでなく、その元となっているガンを見極め、ひとつひとつ丁寧に対処していくということです。今改めてその一言一言をじっくりと噛みしめると、とても理にかなっていて当然のことのように思えるのですが今までそのような扱いを受けたことがなく、我慢を強いられてきたのでとても衝撃的でした、がく先生との初めての出会いからまもなく一年となります。

 

現在は月2回での通院となり、お陰様で何の不自由もなく過ごしています。当たり前のことを当たり前にできることの幸せを日々感じています。″大丈夫!必ず良くなりましたが、大丈夫ですから!″力強くいつも前向きな先生からのメッセージにいつも励まされています。

 

私がそうであったように、この経験談が同じような痛みや辛さを味わっている方々の、それらの解放に少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1日1名様限定

ご予約は今すぐお電話で

03-5344-9883

【受付時間】平日9時〜19時30分(水・土は14時まで)(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※営業時間は平日9時〜19時30分(水・土は14時まで)までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。営業時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。